がくぶんフィギュア模型製作講座





参考書ではなく通信講座ですが・・
今から数年前、私がそもそもの初めに、フィギュア製作の基礎を習得したのが、

がくぶんフィギュア模型製作講座


でした。

当時は初級篇しかなく、ステップアップのためにあれこれ足掻くしかなかったわけですが、今は上級篇が用意されているようです。上級篇では添削指導等も強化されています。あのときこれがあったなら・・・orz

以下、内容面について若干。

・初級

・本体にファンド、髪の毛と服にポリパテを使用したディフォルメフィギュアの原型製作
・上記フィギュアの複製
・レジンキット製作(洗浄〜整形〜筆塗り塗装)

まずとにかくフィギュアと名のつくものを作ってみる、作業手順を知るという意味で過不足のない内容だと思います。
テキストは写真入りでわかりやすいです。
初心者でもそのとおりやれば作れます。
というか作れました

↓数年前の処女作になるのでお恥ずかしいですが、初めてなのよヤサシクしてねと寒い予防線をはりつつ・・

写真1

写真2

これが出発点でした。
まさしくピンキー.Stって感じですね。
講師は金谷ゆうき先生です。

このテキストに載っていた、「盛りすぎれば削ればいい、削りすぎたら盛ればいい、フィギュア製作に失敗はない」という趣旨の言葉(原文は多少異なります)は、今でも座右の銘ですw

惜しむらくは通信添削がペーパーテストのみで、原型の写真を見てアドバイス等はもらえないこと。
上級篇ではその点が改善というか強化されています。

・上級
ポリパテを使用したアニメ系、リアル系、クリーチャー各種フィギュア原型製作
・上記フィギュアのエアブラシ塗装
・製作各段階での写真添削指導

初級に比べて実践面で強化されました。
作る対象の構造=人体や動物の身体のしくみを知らないとよい造形はできないと思いますが、テキストの冒頭をつかってある程度の知識はフォローしてくれています。それだけで万全とはいえませんが、まあ、とっかかりにはなるかと。

テキストは写真入でわかりやすいです。
分量的にアニメ系フィギュアのほうに比重が多く、リアル系はその応用。クリーチャーは別テキストになります。これら各種フィギュアのなかから一点を製作し、添削指導を受けることになります。

添削にはきちんとした解答が返ってきます。身近に教えてくれる人がいないという場合、これはけっこう希望の星かもしれません。ぜひ上手に使いこなしてください。

がくぶんの講座紹介ページには、「初級コースのみ」と「初級コース&上級コースのセット」が載っていますが、もちろん、「初級のみ」を受けた後「上級のみ」を受けることもできます。
私が受講したときはそもそも初級しかなく、あとから上級コースができたので、そうしました。がくぶんにメールすれば迅速に対応してくれます。



詳細はこちら↓
がくぶんフィギュア模型製作講座
タグ:参考書