梓零「フィギュア原型製作講座」DVD


梓零(あずされい)の「フィギュア原型製作講座」〜ゼロからはじめるオリジナルフィギュア製作〜...


同人作家にしてイベントディーラー「ガンドール」の原型師梓零氏による原型製作教材DVD。
使用素材がスカルピーというところに時代の変化を感じますが、素材チョイスの時点で内容的には中級者向けにならざるをえないように思います。
なんか「ゼロからはじめる」とか書いてありますけど気をつけろ。

さて、このDVD、梓氏が肉声で解説しているのかと思いきや、音声解説は一切なし。すべて映像とテロップでの解説になります。
動く教科書?
PC閲覧用にHTML版が収録されているあたり、やはり見る、というか読むDVDかと。

内容的にはエポパテとアルミ線で芯を作り、スカルピーを盛り付けて造形していくという手順です。

具体的に言うと・・・・

顔を作ります、絵と見比べて修正します、肉付けします、絵をよく見て修正します・・・・・・・以下エンドレス

という感じの解説になっていますたらーっ(汗)

手順はわかります。

が、そもそも顔ってどんななの、というところからしてわからないのが初心者。
人体に関する説明が一切ないので、「入門」にはなりにくいDVDです。
あるていどフィギュアが作れて、最近話題のスカルピーでの造形に興味がある、という中級者向きの内容かと個人的には思います。

中級者が見れば「ああ、この自作道具便利そうだなー」とか「スカルピーはこういうことできるからその点はいいよなー」とか「うわー、スカにペーパーかけてるよご苦労様」とか思うところもあるかと思いますが・・・

DVDのなかでも解説されているとおり、スカルピーは焼き具合によって性質が激変します。
が、このDVD程度の「実験」では参考にならない。

○○度○分だとこのくらいの固さになります、というよくある実験をやっているのですが・・・・・
その後の作業を見ていればわかるとおり、スカルピーで原型一体製作した場合、焼成は一回では終わりません
何度も焼きをくりかえすことになります。
DVDにあるようにいきなり最初の焼きで130℃15分とか焼いてしまったら、最後、表面処理するころにはえらいことになっている可能性があります。思うような造形ができず、試行錯誤すればするほど、そうなっていきます。
DVDの実験をみればわかりますが、長時間焼いたスカルピーは手で曲げられるくらいの弾力が出ます。何せ主成分がPVCです。こんなものデザインナイフで削りたくありません。
梓先生凄いなーとは思いますが・・・

スカルピーは経験値がモノをいう素材です。
梓氏がサクサク作っているからといって、初心者が真に受けてはエライことになるのでは、と思います。

スカルピーが気になるけれど、あの性質さえなければな〜、と二の足を踏んでいる中級者向け。
見れば見た人なりに発見があるかと思います。
他人が作業している手元をこれだけじっくり見られる機会というのもめったにありませんし・・・・・まあ、私は買って損をしたとまでは思ってませんよ?

実用的な「教科書」ではないです。

梓氏の手際を拝見するDVD。

YOUTUBEの造形動画のユーザーフレンドリー有料版。

教えてもらうのを待つのではなく、自分で学べる人なら一見の価値はある・・・かなぁ。




追記:
・スカルピー焼き具合の実験はググれば同じようなことをやっている人がいて、下手をするとそっちのほうが詳しいです。
・複製方法は収録されていますが塗装解説はナシ。何気に浮き輪は透明樹脂で抜いてあるあたり、初心者は気をつけろw
・複製ですが・・・パーツ配置が熟練の技すぎて未熟者には参考になりませぬ。あんな配置を真似したら気泡だらけにする自信があります。あと何気にトップゲートですねぇたらーっ(汗)
以上、何言ってんだか意味わかんねーという初心者は、ほかでもっと調べてから実行しましょう。くりかえしますが中級者向き。使うDVDじゃなくて見るDVDだ…
タグ:参考書