陸軍大臣:その7


画像でわかるほどの進展もない今日この頃。

写真1
・・・さらに色を重ねていくます。
画像だとわかりにくいですが、ちょっと軍服の黄色味が強すぎるかなーという気もしつつ。
実際、どれくらいの色味がよいのか、詳しくないので謎。

写真2
・・・カーキを多めに塗り足して全体的に若干緑っぽい方向にふってみる。
画像だとよくワカランと思うですが。

写真3
・・・あとはこーゆー細かいとこも塗っていきます。
太刀緒も階級によって決まりがあったりするのですかねぇ……

日本の軍装 1930~1945」が微妙に値上がりしてて困る💧
日本の軍装―幕末から日露戦争」は持ってるんですけどねぇ。
軍装というのも時期による変化が激しいらしいのでもにょる。

まあ、雰囲気だけだしテキトーでいいっちゃいいけど。

写真4
写真5
・・・画像ではわからんと思うですが、肌色とかも層を重ねてます。
あとは勲章やら階級章やらいよいよ細かいとこを仕上げたら、エナメルの作業に移行、ですかねぇ。
上野文盛堂 SS150 SUPER SABLE 5/0
文盛堂 プラモデル塗装用 形状記憶 精密面相筆 SUPER SABLE インリターン5/0 SS150
posted by 零無 at 19:32 | 【実作業.2】 塗装過程