陸軍大臣:その1


似せる自信はない。

写真1
・・・例によってマスキングテープを貼って剥がせるようにしたうえで、エポパテをつっついて顔面を作っていくです。
最近は作ってるものが小さめなので、スパチュラより、調色スティックケガキ針のほうが出番が多い気もする。

写真2
・・・上の続き。このへんもまだ硬化前なので引き続きヘラ系でちまちまと……
眼球や上瞼はまた後から盛り足すとして、下瞼を中心になんとなく輪郭のアタリくらいはとっておきたいかと。

目の構造については何度も書いてますが。
眼窩という頭蓋骨のくぼみに、眼球というボールがはまって、眼輪筋というシート状の筋肉がかぶさって、その中央水平に切込みが入って上下に開いてる感じ。
黒歴史古い記事ですがこのへんで何かやってみてた記憶が)
手順はどうでもいいけど構造は意識したほうが手が動かしやすくはなるかもしれないといいかなーくらいの感じです。

写真3
・・・ということで上瞼追加。
この辺になると顔面自体はあらかた硬化してます。
細かい盛り足しはイコール押し付けて馴染ませてという動作になるので、土台がやわらかいままだと土台ごと歪みやすくてうざったいので。
まあ、うまい人はやわらかいあいだに一気にやってもらっていいですが。

写真4
・・・全体が硬化したらとりあえず剥がして後頭部のボリュームを盛り足しておきます。
もちろん顔もまだまだいじりますが。
板の上で顔「面」を作ってるのと、後頭部込みで「頭部」として作るのでは、何かやっぱり感覚が違うので。

ちなみに上の画像だと首の角度に注目。かも。
アニメ系の人とかだと「首」というのが垂直だと思い込んでいる人もいるかもですが。
リアルだとわりと斜め。隣の人を見れば一目瞭然、のはずですが。意識しないと「見て」いても「見え」ないものなのですよね、これが。
これについてもこのへんに過去記事という名の黒歴史はあったような気はするので、時間をどぶに捨てたくて仕方がない人は解読してみるのも、まあ、その、なんだ、自己責任ですな。

写真5
・・・軽く胴体用のボリュームをつけ足しておく。
本格的に作るのは後回しですが。
顔をもうちょっといじるのに、このほうが持ちやすいのでw

まあ、そんな感じでボチボチまた何か作るであります。
ウェーブ・エポキシパテ 軽量タイプ
WAVE OM-091 ウェーブ・エポキシパテ 軽量タイプ 60g 《パテ》
タグ:エポパテ
posted by 零無 at 15:27 | 【実作業.1】 造形・制作過程