ダムの人:その3



写真1
・・・ベースのほう、浮かせてあった後ろ側にスカート状?に盛り足して、とりあえず支えなくても置けるようにしとくです。
例によってこの部分だけ白いやつ。
ウェーブ ミリプット・エポキシパテ・グレードS
ミリプット エポキシパテグレードS プラスチックモデル、ガレージキットなどの改造、補修に
別に何でもいいですけどね。

あとは……
ボチボチ素体のほうを作っていきますかというわけですが。

写真2
写真3
・・・とりあえず別アングルから見ると現状はこんな感じです。
慣れてればノリで作ってもそれなりにニンゲンらしくできますが。
ポーズ付きのものをいきなり作って狂いやすいのが各パーツの「長さ」とかなので……
真面目な人は直立状態の針金人形的な素体を作って、関節で曲げてポーズを決めてから肉付ける〜くらいのことはしたほうがいいかもしれない。こちらとか参照。

まあ、当方はアトノマツリなのでノリと慣れとでやっつけますが。

写真4
写真5
写真6
・・・上から段階を踏んで腕ができていってますな。
6では左手首っぽいものまで見えてますが、右はまだまだ。

エポパテもやわらかいうちはふにゃふにゃなので。
何も無理して一気に盛ることもなし。
順次でよいです。

腕を前に出したポーズですが……
とりあえず肩の構造だけは押さえておきたい感じかもしれません。
写真7
写真8
・・・このていどでも、単に棒をくっつけるだけでなく、三角形の平面的なものを盛っておくと、肩甲骨っぽくなるかも。
どうせ服を着せたら云々ですが、まあ、それでも、仕上がりの自然さ・不自然さには差がつく……かも???

写真9
写真10
・・・順序が前後しましたが、右側の手首とか、ウエストのラインとかも順次ちょっとずつ盛っていくます。
上の写真7に写りこんでいた手首とかも一気盛りではなく、掌部分を固めてから指部分を盛り足すとか、まあ、ゆっくりやればいいわけで。模型作りは急がばナントカですなー。
ウェーブ・エポキシパテ 軽量タイプ
ウェーブ・エポキシパテ 軽量タイプ【OM-091】 【税込】 ウェーブ [WAVE ケイリョウエポパテ]【返品種別B】【RCP】
タグ:エポパテ
posted by 零無 at 20:57 | 【実作業.1】 造形・制作過程